JCF J2 Kijimadaira

_DSC0018.jpg
レース名:2009 JCF MTB J2公認大会木島平村
場所: 長野県木島平村常設MTBクロスカントリーコース

WEB:http://wakitasoft.com/Timing/Results/2009/20090621/Result01.pdf 

開催日:2009/06/21

天候:雨のち晴れ
使用機材:

バイク    SPECIALIZED 2009 S-works Epic Carbon(BG Fitted)

ホイール   ROVAL CONTROL SL 2009 

サドル    SPECIALIZED BG PHENOM SL 143mm    

タイヤ    前: S-Works Captain 2.0
後: S-Works Captain 2.0
 前後 1.8気圧
アイウエアー SPECIALIZED Helix with ADAPTALITE PHOTOCHROMIC NXT 

シューズ   SPECIALIZED BG S-Works MTB Shoes 

ペダル    crankbrothers eggbeater 2ti+ti shrot spindle

HRM    POLAR RS800CX

サプリメント
レーススタート30分前 GOLD’S GYM BCAA&アルギニンパウダー

レース中エナジー摂取 power gel

レース終了直後 GOLD’S GYM グルタミンパウダー

GOLD’S GYM BCAA&アルギニンパウダー

マッサージオイル Sports Balm  イエロー2,レッド1+シャモアクリーム

コンディショニング http://www.joe39.net/

結果 優勝
内容
全日本選手権大会に向けて、最後のレースとなるタイミングのこの大会はコンディション確認、そしてトップ選手同士の最高のトレーニングになると思い急遽参加を決めたが、果たして同様の思いの選手が多く集まり、トップクラスは関西圏の選手を除くとほぼ勢揃いと行った感があるなかでのスタートとなった。

_DSC0264.jpg

なかでも、前回Jシリーズ富士見大会を優勝したBSの辻浦選手は今回も、そして全日本でも優勝候補だ。彼とのマッチレースになるなとの予想は一周目から実現し、ゴールまで続く競り合いになるかと思われた。
雨上がりのコースコンディションは、マッド路面とのミックスになっており、辻浦選手優位に進めるかと思ったが、天候は瞬く間に晴れ渡り、急速に路面も回復してきたことにより、路面コンディションよりも、温度、湿度、暑さとの戦いの様相となる。急遽フィードサポートしてくれた関東MTB仲間の計らいにより、飲み水、かけみずを十分に用意してもらえ、とても助けになった。

_DSC0436.jpg

下りパート、湿ったハンドリングの難しいシングルトラックでは、差を広げようと辻浦選手が果敢に前に出るが、その後の急峻な上り返しで追いつく。各所で、追い越されては、追い越しを繰り返す。低酸素トレーニング、インターバルトレーニングをターゲットとしている今の期間の身体では、筋肉がキツいが終盤にもつれ込み、勝負はここからだと思い、
体制を整えつつ走っていた瞬間、上りで前でダンシングをした瞬間、カチャン、と音をたててバイクが止まった。危うくぶつかりそうになるが回避、その挙動からすぐにチェーンが切れたことが分かった。

_DSC0443.jpg

今回はトレーニング要素でのレース,結果のためのレースではないだろうから復帰はないな、と。勝ち負けはともかく、最後の最後まで競り合いたかっただけに非常に残念な思いでレースは終わったが、自分のトレーニングはこれから!と必死になってペースを保とうと思うが、これがどうにもキツい。暑さでとろけるかのような中、なんとか集中を保つ。2位以下の選手とはものすごく大きな差がついていたこともあったのだが、決めたギア比は守って、踏み続けていく。すべてアウターギアで走りきるように。
高速コース、短いコースとの、前評判だったが、ゴールタイムは、1時間40分、平均20kmととても良い案配だ。そのコースは、クロスカントリースキー場をベースに農業公園内を巧みに走り抜ける、なんともヨーロッパチックなもので、急な登り、タイトな下り、ハンドリングの難しいシングルトラック、パワーペダリングや高速コーナーなどセクション、セクションがリズミカルに小気味よいテンポで繫がっていてレースコースとしては、とても素晴らしいものだった。非常に競り合いの醍醐味を感じることができた。間延びしないことが、一つのポイントだろう。
そして、運営に関わる地元の熱意も相当なもので、来年にはJシリーズ昇格を合い言葉に頑張ってくれているとのこと。昨今の縮小ムード漂うMTBレースの中において、非常にありがたい話だ。選手、関係者一同は、こういった新しい動き、前向きな動きに、賛同、協力をしていかねば、と思う。

_DSC0787.jpg

検索


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 2007 Takeyakenji.com . All rights reserved.